迷宮の行き止まりには宝箱がある

雑記です。創作小説はpixivに置いています。

夏休みの思い出(セミの抜け殻)

f:id:ariadne_maze:20210802051425p:plain

 セミが毎日ミンミン、ジリジリ鳴く季節になると、子どもの頃の、夏休みの宿題のことを思い出します。

 ある年、小学校の夏休みの宿題で、セミの抜け殻を提出するという宿題がありました。セミの種類ごとの見分け方を書いた、イラスト付きのプリントが配られていました。
 ん、私の宿題じゃなくて、きょうだいの宿題だったような。でも、私も一緒にセミの抜け殻を探しました。さあ、何種類見つかるかな?

 当時住んでいた辺りでは、よくセミの抜け殻が見つかりました。(近くの林には、たまーに、カブトムシやクワガタもいました。夜、父と一緒に、懐中電灯を持って探しに行ったっけ。)
 いそいそと、いくつか抜け殻を拾ってきてプリントを参照すると、アブラゼミ。まずは1種類ゲット。というか、全部アブラゼミ。違う種類のが欲しい。

 当時存命だった祖父母が、田舎から、庭で拾ったという抜け殻を数個、送ってくれました。ひとめ見て、「あっ、種類が違う!」と、興奮しました。「みんな小さいね。これは……ニイニイゼミだね!」2種類目をゲット。

 もう1種類、欲しいなあと思いました。だって、鳴き声が聞こえてくるんですもの、ミンミンゼミの。だから絶対、近くに住んでいるはず、と、抜け殻を見つけるたびに拾って確かめるのですが、ぜんぶアブラゼミなんですよね。

 ちなみに、見分け方ですが、大きさ的には、アブラゼミとミンミンゼミの抜け殻は似ています。パッと見で分からないので、拾い上げて、じっくりと見ます。
 注目するのは、触覚のところです。節がいくつあるかを数えて、7つならアブラゼミ、8つあればミンミンゼミです。なので、抜け殻を拾ったら、カッと目を凝らして、ちっちゃい節を一所懸命に数えて、「これも7つしかない。アブラゼミー」と、やっていたわけです。(今の私だと虫メガネがないと無理だわー)

 

 さて、そんな夏のある日、近所の林の横の道を歩いていたら、道端の草むらでガサガサと音がして、目をやると、羽化したての綺麗な薄緑色をしたセミが1匹、仰向けになって、もがいていました。まだ柔らかい羽は折れ曲がっていて、うまく起き上がれないのです。大変、このままの形で羽が固まってしまったら、飛べなくなっちゃいます!

 そっと拾って、おもて向きに(という言い方で合ってるのかな)置きなおしました。羽も元通りの形になりました。うんうん、これで良し。ここでしばらく乾かしていれば、羽が固まって、飛べるようになるからね。いいことしたなあ、私!

 ふと見ると、すぐ近くに、やや長めに伸びた草があって、抜け殻が付いていました。ははあ、なるほど。うっかり者のセミが(私もうっかり者だから共感するわ!)、木ではなく草に取りついて羽化したところで、草が重みに耐えられずにたわんでしまい、仰向きに落ちてしまった……と、いうことね(ミステリ好きな子どもでした)。じゃあ、あなたを助けたお礼に、この抜け殻、私がいただくわね!

 目を凝らして、さっそく抜け殻の触覚の節を数えると、ひい、ふう、みい……、あっ、8つある! いやいや待て待て、もう一度数えると……、やっぱり8つある! なんと、ミンミンゼミさんでしたか! お互いに、良い出会いだったね!

 そういう次第で、3種類、セミの抜け殻をゲットできて、満足したのでした。本当は、晩夏まで待てればツクツクボウシも鳴きまくる場所だったのですが、夏休みが終わった頃だと、まだツクツクボウシには早かったと記憶しています。

 

 という、夏の思い出が、意外と何年経っても(何十年経っても)忘れられないのは、毎年セミの声がトリガーとなって思い出されるから、なのでしょうか。

 教訓1:羽化するときは、たわまない丈夫なものに取りつきましょう。

 教訓2:情けは人の為ならず。(人じゃなくても。WIN-WIN!)

 

 書き終わって投稿しようとしたら、はてなブログのお題に、「記憶に残っている日のこと」というのを発見したので、参加しておきます。お子さんのいらっしゃる方だったら、夏休みの自由研究にも、いかがですか?(見分けかたのプリントは今は手元にないので、資料は調べ直してくださいね~)

 

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

「老後の資金がありません」(著:垣谷美雨)感想

 こんな書名を見たら、つい読んじゃいますよねえ。「老後の資金がありません」
 実用書ではなく、小説です。読んだ人によって、どのくらい身につまされるかは変わるはずなので、その共感の度合いによって、本作への評価も変わりそうです。
 ターゲットの読者層は、たぶん、家計をやりくりして少しずつ貯金できたりできなかったりしている、40代以上の既婚者だと思います。私はとても共感して、満足して読み終わりました。

 文庫裏や帯に書かれているあらすじに基づいてご紹介すると、主人公は共働きの主婦で、子供二人の教育費をようやく払い終え、娘は結婚が決まったところです。なのですが、やりくりして老後のために貯めていたお金は、予定外に大きくなった結婚式やお葬式のために、物語序盤から容赦なく、みるみる減っていきます。
 この、お金が減っていく経緯が、また、いかにもありそうなリアルさなんですよ! 読みながら、なんだかもう涙が出るかと思うほど感情移入しちゃいました。リアル過ぎる本を読み始めてしまったかしらと思いつつ、だけど破滅の物語ではなく、前向きに生きる物語だと思うから、がんばれ主人公! と、応援しながら読み進めました。

 半分を過ぎたあたりで、物語の風向きが変わります。お金をめぐって人間の良いところも悪いところも見える喜劇的なドタバタを経て、どうにか立て直しの目途がついたところで、物語は終わります。いえ、終わるけれども、これからも悲喜こもごもは続いて行き、体当たりで道を切り開いていくのだろうな、という予感のある終わり方です。けして全てが解決したわけではありません。

(ちなみに、この本が出た当時は、この後半の展開で、詐欺などの犯罪を非現実的に感じる方も結構いらっしゃったみたいです。今は、主婦が給付金詐欺を働いてニュースになるご時世ですから、詐欺はリアルなものに感じられます。)

 本を閉じて自分の現実に帰って来ると、私が暮らす現実の主人公は、私です。
 誰の人生にも良い日も悪い日もある。知恵と勇気と絆を大切に生きていこう、と思いました。(私にとっては)良い読後感でした。面白かったです。

答のない選択肢は「どれを選んでも正解」!

きのう、久しぶりに話した人が、「人生の岐路」に立っているところでした。
生死に関わるほどではないけど、今後の暮らしに大きな影響を与える分かれ道。
時々ありますよね、そういう分岐点が。誰の人生にも。

たいていの場合、そこに、「これが正解」という選択肢は無くて。
「どの道を選んでも、メリットとデメリットがあり、あまり先の未来は見えない」ですよね。
今回は、それぞれの選択肢のメリットとデメリットを一緒に検証したあと、こういう話をしました:

どの選択肢にも良い点と悪い点があるから、「これは正解、これは不正解」みたいなことはありませんよね。
それって、つまり、どれを選んでも正解 ってことですよね!

そうか、そうだね、もう少し考えたら決める。と言う相手の声が元気になって、良かった、と思いました。
応援していますと伝えて、会話は終わりました。

いずれコロナが落ち着いたら、仲間うちで集まって、ごはん食べながら、その後の話など聞いてみたいな、と思います。

イラストレーター 池田優さんの個展があるよ!(2021年9月予定)

 大好きなイラストレーター、池田優さんの個展が予定されているそうなんです!

 というお話をする前に、池田優さんの絵をご覧になったことのない方には、ぜひ、詩情豊かな絵の数々を見ていただきたいと思います。
 池田さんの絵の中で、私が一番好きなのは、「祈り星」という、こちらの絵。(クリックすると別画面でひらきます)

creatorsbank.com

 メルヘンチックなこちらの絵「花咲く水底」も、代表作のひとつと思われます。

creatorsbank.com

 あと、この絵も大好き。「始まりの記憶」。

creatorsbank.com

 池田さんの絵を見ると、私はいつも、「絵を描く人の心の中から、絵の半分が現れて、もう半分は、絵を見る人の心の中から現れるのだなあ」という気持ちになります。心と心が響き合う魔法。

 もっと作品を見たい方は、これらのリンク先である「クリエイターズバンク」というサイトで、お時間のあるときにあれこれ眺めてみてください。たくさんのクリエイターさんが参加して作品を登録しているサイトなので、池田優さんの絵も、他のクリエイターさんの絵も、探検して楽しんでいるうちに、あっというまに時間が経つはずです。

 なお、池田さんがクリエイターズバンクに登録している作品の中には、私の薄い小冊子に付けてくださった表紙の絵もあります。「物語」を愛する池田さんだからこそ、こんなに小さな個人の依頼も引き受けてくださったのだと思いますが、巡り合わせのご縁に、ただただ感謝するばかりです。

 さて、個展に話を戻しましょう。

 常日頃、「池田さんの最初の個展が開かれるときには、日本国内、どこへでも飛んで行くぞ」と思っていましたが、どうやら、東京の吉祥寺で9月に開催される予定のようです。池田さんがTwitterで出しているお知らせを引用しておきます。

 個展のメインビジュアルを選ぶにあたり、華やかでドラマティックな作品でなく、ふんわり優しい絵を選んでいらっしゃるあたりに、祈りや願いを大切にする誠実なお人柄が表れているように思います。
 ダイレクトメールの郵送をお願いすることもできるようです。

 9月には、東京の緊急事態宣言も解除されているといいなあと思います。
 吉祥寺に行くなら「ブックマンション」にも行ってみたいです。

sotokoto-online.jp

 皆さんも、(コロナの状況にもよると思いますが)吉祥寺へのお散歩、いかがでしょうか。私は、とても楽しみです。

 

※ 初めて池田優さんに表紙を手掛けていただいた「風に揺れる花の中で」へのリンクも置いておきます。読んでいただけるようにと、とても短いお話を選んだのでした。

www.pixiv.net

 

「白い砂のアクアトープ」が癒し系アニメの予感(MX再放送7/9 19:30)

今朝は変な時間に目が覚めて、一回リビングまで起きて、録画したアニメを1本見るかーと思い、初回を録画していた「白い砂のアクアトープ」(TOKYO MX)を見ました。

沖縄の水族館をめぐって描かれるファンタジーのようです。水族館の担い手である元気な女の子と、東京で夢破れて一人旅に来たおっとりした女の子が主人公。

こころが疲れているとき、冷たい飲みものなど飲みながら、ほっと一息ついてテレビつけて鑑賞したい感じのアニメでした。

色彩豊かで、きれいな絵で、お魚も見ていて楽しい。

再放送はあるのかな?と思ったら、本日7/9(金)、19時30分から再放送があるようです。

TOKYO MXが見られる方で、癒し系の水族館アニメをのんびり見たい方がいらしたら、まだ間に合いますよ~。

公式ページにリンク張っておきます♪

aquatope-anime.com