迷宮の行き止まりには宝箱がある

雑記です。創作小説はpixivに置いています。

分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を知っていますか

OriHime(オリヒメ)は、本人の目となり耳となり手足となるロボットです

先日、テレビでも取り上げられていたらしい、愛すべきロボット「OriHime(オリヒメ)」。カメラやスピーカーが搭載され、うなずく動作や手を上げる動作ができ、わずかな動きで操作できるため、自宅や病院のベッドから出られない人でも、OriHimeを通して外の様子を見たり、人とコミュニケーションしたりすることができます。

と、言われても、ピンと来ないでしょうか。もう少し具体的に言うと、つまり、
病気で家から出られない子どもも、学校にOriHimeがいれば、授業に参加したり友達と話したりできる、ということ。
ベッドから動くことができない人が、誰かにOriHimeを託すことで、外に出て見聞きして、会話をして、仕事もできる、ということ。
まさに、「分身ロボット」です。

ひと月ほど前のニュース番組の中では、自宅のベッドにいる難病の女の子が、家族の運ぶOriHimeを通して、ケーキ屋さんでケーキを選ぶところが写っていたとのこと。心温まるニュースです。そして、誰にとっても、決して他人事ではありません。
今は自分でケーキを買いに行ける人が、いつまでもそうであるとは限りません。もちろん、私もです。けれど、動けなくなっても、ケーキ屋さんでケーキを選べる手段があるのだと、知ることができました。親しい人と一緒に、OriHimeで。

ノンフィクション「サイボーグ時代」

私が初めてOriHimeを知ったのは、1冊の本からでした。
OriHimeの生みの親である吉藤オリィさんが著した、「サイボーグ時代」という本。
読んだとき、今まで見えなかった場所にサッと光がさして、明るくなったような気持ちになりました。

周りの人たちにも勧めています。よかったら、どうぞ。
読んだあとは、読む前よりも、世界が広くなったように感じられると思います。

また、「サイボーグ時代」よりも前に書かれた「孤独は消せる」という本もあります。
表紙に、吉藤オリィさんとOriHimeが写っていますね。

OriHimeを生み出した吉藤オリィさんと、オリィ研究所

吉藤オリィさんは、noteやTwitterでも情報発信を行っています。

2020年7月のこちらの記事には、活動の軌跡が分かりやすく書かれています。

note.com

また、オリィ研究所のホームページはこちら。(少し読み込みに時間がかかるかもしれません。)

orylab.com

大切な人とコミュニケーションを取るための手段が増えること。社会に参加して意見を交換して誰かに力を貸すための手段が増えること。それって、とても嬉しいことだと思います。

これからも、OriHimeや、オリィさんや、オリィ研究所を応援していきます!

時間をおいて創作物を見直すということ。

f:id:ariadne_maze:20210228195814p:plain

 

 長いこと新しい物語を創作していなくて、きっと筆力も落ちてるんじゃないかなー、などと思いつつ、それでも、「時間をおけば、できるようになることがある」と、今回、印刷物を作るために推敲していて、あらためて実感しました。

 旅の仲間(黒髪の王子様)の過去について書いた「逃避行」というお話は、当時ベストを尽くして書いたお話で、ありがたいことに評判も良かったのですが、本当は、そのときどうしても入れられなかった要素がひとつふたつありました。

 「どう入れてもバランスが崩れる……。今の私のスキルでは無理だ。未来の私にお願いします!」と諦めていましたが、何年かぶりに見直した結果、今回無事に入れることができました。

 

 こういうのって、何なんでしょうね。自創作を客観的に見られるようになる、ということなのでしょうか。
 いずれにしても、何かを「できるようになる」というのは、いつでも、とてもハッピーなことです。嬉しい。(pixivに上げてるほうの文章も、そのうちに手が回ればこっそり直します。)

 

 過去の私へ。
 頼まれたこと、やっておいたからね。

販売開始のお知らせ(2021/2/27発送開始分)

お待たせいたしました。先日ご案内した4種類の小冊子につきまして、販売開始のご案内をいたします。

ご紹介記事はこちらでした ↓

snow-moon.hatenablog.jp

【対象となるタイトル】

今回、新しく販売するのは、次の4種類です。

・逃避行
(旅の仲間の一人である黒髪の王子ゼラルドが、故国を出奔したときのいきさつ)

・始まりの物語
(解呪の旅とは何なのか、その由来。「風の贈りもの」も同時収録)

・冥婚騒動
(旅の途中の、少しオカルティックなエピソード)

・お姫様と猫
(以前の本文横書き版を、本文縦書きにして作り直したもの。「三つの果実」「甘い、すっぱい」同時収録)

いつもと同じ、ごく薄いA5版の小冊子で、収録されている小説はpixivで無料で閲覧できます。

【販売スケジュールと販路】

本日以降、BOOTHおよびメルカリで販売を開始します。
発送は、2021/2/27(土)から順次となります。どちらも匿名配送です。

<BOOTHについて>

合計6冊以上をお求めの方や、メルカリを使われない方は、BOOTHをご利用ください。

ご希望の商品を選んで購入手続きをすると、全体に対して送料370円が付いてお会計となります。お支払い後は、発送をお待ちください。

snow-moon.booth.pm

<メルカリについて>

新刊1冊ずつの4冊セットをお求めの方、または、それ以外の組み合わせ(計6冊まで)をご希望で商品コメント欄の記入がご面倒でない方でしたら、メルカリのほうがお安くなります(価格差は190円)。

「遥かな国の冒険譚 2021-02-27」でご検索ください。売り切れのときは補充をお待ちください。
4冊セットの状態で出品しますが、購入前に商品コメント欄でご指示いただければ、ご希望に合わせてセットを組みかえ、冊数にあわせて価格を変更します。
お支払いのあと、発送をお待ちください。

f:id:ariadne_maze:20210223150853j:plain

【補足(メルカリへのユーザ登録)】

もし、これからメルカリを始められる方がいらしたら、既存ユーザの紹介コードを入力すると、紹介した人も紹介された人も、数百円分のポイントがもらえます。メルカリをやっているお友達に声をかけてみてください。
(誰もいないときは、よろしければ私の紹介コード「AZMTBP」をどうぞ。)

 

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

「ラメルノエリキサ」(渡辺優)読了

 「ラメルノエリキサ」を読みました。面白かったので、感想を書いておきます。ラノベ系のミステリで、薄い文庫本なので、さっくり読めます。

 読了後、まず思ったのは、「このお話、すごーく、気に入っちゃったなあ!」でした。お気に入り度「A」ランク。

 主人公は女子高生で、「やられたらやり返す」ポリシーがあります。傷つけられたら傷つけ返さなければ、気が済まない、すっきりしない。その主人公が、ある日、通り魔に切りつけられて……。というお話。

 きっちり復讐しようとする性癖を持った女の子というのも、よく考えると少し怖いのですが、でも、自分が女子高生だった頃を思い返せば、そうだよね、マイルールってあるし、大事だよね! それに、ちょっと変わってたり、ちょっと鬱陶しかったりする部分って誰にでもあるし。

 というようなことを、読者も知っているし、物語の主人公も知っていて、家族や友達を観察し、理解し、そのうえで、自分の「好き」という気持ちを大切にしています。主人公が、自分自身に対しても大切な人達に対しても、誠実であろうとして頑張って生きている姿を見ると、愛おしいし、一緒に戦っている気分になります。たぶん、現役の女子高生も、この本を読んだら気に入ってくれる人が多いんじゃないかな。

 そんな感じで、とても好き。ご興味を持たれた方は、ぜひご一読を。

「遥かな国の冒険譚」4種、印刷上がりました♪

お待たせしました!
印刷から上がって来た「遥かな国の冒険譚」4種類、近々お分けいたします。
それぞれ異なる方に表紙をお願いして、次の物語を切り出したものです。
・逃避行(表紙は 池田優 さん)
・始まりの物語(表紙は みやこるり さん)
・冥婚騒動(表紙は 白乃綾 さん)
・お姫様と猫(表紙は なぎ さん。以前の横書き版を縦書きに変えて刷り直しました)

印刷物4種

印刷物4種

過去に手にしてくださった方はご存知のとおり、とっても薄い小冊子、A5版です。
今までの冊子と同じくBOOTHで販売しようと思っていますが、BOOTHは最近少し使いにくくなったので、いっそメルカリのほうがお安く提供できるのではという考えもあり……、うーん、迷います。

販路を決めたり、商品情報を入力したりする準備があるので、もう少しだけお時間をいただきます。(この「もう少しだけ」が曲者なのは自他ともに認めるところですけれども。すみません。)

なお、旧ブログからご縁がある方々は、コメントでもメールでもTwitterのDMでも、なにがしかお声掛けいただけましたら、セットでお取り置きいたします。遠慮なくどうぞ。

逆に、「えっ、これは何ですか」と戸惑っていらっしゃる、比較的新しいご縁の方々には、中身のオリジナル小説はpixivでいつでもお読みいただけることをご案内しておきます。下にリンクを張っておきますので、ご興味があれば覗いてみてください。
(もしも、それでお手元に置きたくなることがありましたら、「どこで知ったか」「どれとどれが欲しいか」をお知らせいただければ、セットでお取り置きできます。)

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

ちなみに、いまBOOTHに置いているぶんは、下のリンクからご確認ください。新しく刷ったぶんも、同じような感じでお分けすることになります。
(「お取り置き」の方々は、ご連絡に書き添えていただければ、こちらもセットに入れられます。)

snow-moon.booth.pm

とりいそぎ、ご報告でした。
どうぞよろしくお願いいたします♪